タグ: ERIC DRESSEN

ERIC DRESSEN JAPAN TOUR 2018

SkateboarderでTattoorのEric Dressenさんが再びTattoo Japan Tourを行います。
今回も名古屋はCRUCIALをお選びくださいました。
前回も大盛況だったので日程合わなく悔しい思いをされた方、
今回はお見逃しの無きようお願い致します!


-概要-
2018/10/16(火) @CRUCIAL(名古屋市中区大須)
時間 13:00-応相談

Aコース:【¥50,000】
TATTOO1箇所(フラッシュから選んで頂きます)
T-shirt x 1
Mesh Cap x 1
STICKER x5

Bコース:【¥40,000】
TATTOO1箇所(フラッシュから選んで頂きます)

※GOODSのみの販売は行いません。
※内容は変更になる場合がありますので予めご了承下さい。

【※注意事項※】

1.先着順にて予約を埋めていきますので
予定人数に達し次第締め切りとさせて頂きます。

2.時間はおおよそ2時間ほどみて頂ければと思いますが
進行状況によりズレる可能性があります。

3.事故や病気等止むを得ない事情以外のキャンセルは
原則お受けできませんのでご注意ください。

4.最低人数に達しない場合はキャンセルとなる場合があります。
その際はこちらより早めに連絡させて頂きます。

5.18歳未満への施術はお断りいたします。
TATTOO施術には身分証明書が必要となります。


【予約受付期間】

2018/9/21-10/10

メールにて下記内容を記載の上送信して下さい。
確認後こちらより連絡させて頂きます。

お名前:
電話番号:
コース(AorB):
希望時間:
(13:00-/15:00-/17:00-/19:00-)

MAIL:crucial@dream.ocn.ne.jp
HPのお問い合わせからでもOKです!


Eric Dressen(エリック・ドレッセン)

ニックネーム:PONY BOY(ボニー・ボーイ)
1967年カルフォルニア州・ロサンゼルス・ハリウッドで産まれる。

1971年4歳の時、スケートボードに乗る。

1975年8歳の頃、本格的にスケートボードを始める。

同年、トーランスのサウスベイフリースタイルコンテストで優勝。

彼の父が、[FREE FORMER SKATEBOARDS(フリーフォーマースケートボード)]で
働いていた為、スケートボードのテストライダーになる。

1976年9歳の時、[Logan Skateboards(ローガンスケートボード)]から、
初のスポンサードを受ける。

1977年10歳の時、Skateopiaで行われた、プールとハーフパイプの大会でチャンピオンになる。
同年、[skateboarder magazine(スケートボーダーマガジン)]の“WHO’S HOT”に選ばれる。

1978年[ALVA SKATES(アルバスケーツ)]に加入。

1979年12歳の時、プロスケーターへ転向。プロのコンテストに初出場を果たす。

1985年18歳の時、[DOGTOWN SKATEBOARDS(ドッグタウン スケートボード)]に加入。

1987年[DOGTOWN SKATEBOARDS(ドッグタウン スケートボード)]より、
初のシグネチャースケートボードデッキを発売。
同年、[INTERNATIONAL SKATEBOARDING ASSOCIATION]
[(インターナショナルスケートボーディングアソシエーション)]
通称「NSA」主催のスケートボードの世界大会
“BACK TO BACK(バックトゥーバック)”のストリート部門で優勝。

1988年”BACK TO BACK(バックトゥーバック)”のストリート部門で2年連続優勝を果たす。

1989年[DOGTOWN SKATEBOARDS(ドッグタウン スケートボード)]をやめ、
[SANTACRUZ(サンタクルーズ)]に加入。
同年、サンタクルーズの名作ビデオ
“SPEED FREAKS(スピードフリークス)”に出演。
1993年[SANTACRUZ(サンタクルーズ)]を離れる。

その後、[151 SKATEBOARDS(151 スケートボード)]→
[DOGTOWN SKATES(ドッグタウンスケーツ)]→
[OLDSTAR SKATESHOP(オールドスタースケートショップ)]→
[DEATHBOX(デスボックス)]→
[SANATCRUZ(サンタクルーズ)]などあちらこちらを転々として過ごす。

1999年頃タトゥーショップで働くようになる。

現在は、ロサンゼルスにある
[WILL RISE TATOO STUDIO(ウィルライズタトゥースタジオ)]で、
タトゥーアーティストとして活躍する一方、
[SANATCRUZ(サンタクルーズ)]のライダーとして、現役で滑り続けています。

support:
Santa Cruz Skateboards
Independent Trucks
Spitfire Wheels
Uppercut Deluxe
Hard Luck mfg
Mob Grip
Pro-Tec
Vans Skate
Boys Of Summmer
CIVILWARE

SUPER SUGOI JAPAN TOUR ありがとうございました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-11-19-55-40

ERICさん、SHOWさん御一行様は
急遽11日も来店してくれて2日間ゲストワークをしてくださいました!

店内に設置したブースの様子

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-08-15-34-43

お店狭いのでスペース僅かでしたがなんとかなって一安心。

TOUR初日の初めての仕事はうちのボスでしたよー。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-08-16-37-25

足の甲なので痛そうだなーと思ってたのですが全然そんな事なかったらしく
そして凄まじい速さだったのでピンピンしておりました。

14670860_1236734596398886_4004944309978299664_n

2日ともERICさん、SHOWさんのお客さんやお友達が沢山遊びに来ていて
終始賑やかな店内でした。
市外や県外からもわざわざ足をお運び頂きありがとうございました!
そしてサポートして頂いた方、予約して頂いたお客様ありがとうございました。

SUPER SUGOI JAPAN TOURはまだまだ続いてます!

10/16 山梨@o.s.s
10/18 東京@jesse’s shop
10/19,20 韓国ソウル@sunrat
10/21,22 タイ バンコク@poseidon
※日程は必ずオフィッシャルをご確認下さい。

予約状況は各店舗にお問い合わせ下さい。

近年の人気もうなぎ上りのようで今回の様なツアーはもう出来なくなるかも!
らしいですよ!!!

ERICさん、SHOWさんはじめ皆様どうもありがとうございました!
お二人のツアーのご無事を祈っております☆

最後にERICさんの板を隠し撮りしましたのでご参考にどーぞ!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-08-22-14-30

デッキはSANTA CRUZのJASON JESSEモデル。
サポートブランドのステッカーもバッチリです!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-08-22-15-29

デッキテープはINDEPENDENT x MOB GRIPのERICさんデザイン!
カラーでとてもかっこいいですね♩

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-08-22-15-43

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-08-22-15-58

トラックはインディー、ウィールはスピットファイアーのサポートブランドコンビ!
これで店の前の富士山もメイクしてました。さずがです!!

またのご来店心よりお待ちしておりますー!

ERIC DRESSEN TATTOO JAPAN TOUR 2014!!

ERIC DRESSEN  TATTOO  jAPAN TOUR  2014

VENiCEのレジェンドスケーターERIC DRESSEN(SANTACRUZ)さんがまたTATTOO JAPAN TOURを敢行します!
今回も名古屋場所はCRUCIAL/Sol Design Nagoyaを指定頂きました!
日にちは10/14(火)
既に予約が入って来ていますのでお早めにどうぞ!!

DRESSEN SKATES Presents
Eric Dressen Tattoo and destroy Japan tour 2014

Tattoo&特典アイテム付き5万円〜
(料金には、撮影、デッキへのサイン、も含まれます。
過剰持込品へのサインはどうぞお控えください。Tattooには身分証明書が必要です。)

ERIC DRESSEN  TATTOO  jAPAN TOUR  2014

尚、ツアー特典アイテムだけでも欲しいという方達に朗報。
特別に3万円でゲットもできます。

1日のみなので予約人数が予定に達したら受付終了しますので
お早めに。
CRUCIAL
TEL:052-251-9251
MAIL:crucial@world.ocn.ne.jp

Eric Dressen(エリック・ドレッセン)
ニックネーム:PONY BOY(ボニー・ボーイ)
1967年カルフォルニア州・ロサンゼルス・ハリウッドで産まれる。
1971年4歳の時、スケートボードに乗る。
1975年8歳の頃、本格的にスケートボードを始める。
同年、トーランスのサウスベイフリースタイルコンテストで優勝。
彼の父が、
[FREE FORMER SKATEBOARDS(フリーフォーマースケートボード)]で
働いていた為、スケートボードのテストライダーになる。
1976年9歳の時、[Logan Skateboards(ローガンスケートボード)]から、
初のスポンサードを受ける。
1977年10歳の時、Skateopiaで行われた、
プールとハーフパイプの大会でチャンピオンになる。
同年、[skateboarder magazine(スケートボーダーマガジン)]の
“WHO’S HOT”に選ばれる。
1978年[ALVA SKATES(アルバスケーツ)]に加入。
1979年12歳の時、プロスケーターへ転向。
プロのコンテストに初出場を果たす。
1985年18歳の時、
[DOGTOWN SKATEBOARDS(ドッグタウン スケートボード)]に加入。
1987年[DOGTOWN SKATEBOARDS(ドッグタウン スケートボード)]より、初のシグネチャースケートボードデッキを発売。
同年、[INTERNATIONAL SKATEBOARDING ASSOCIATION]
[(インターナショナルスケートボーディングアソシエーション)]
通称「NSA」主催のスケートボードの世界大会
“BACK TO BACK(バックトゥーバック)”のストリート部門で優勝。
1988年”BACK TO BACK(バックトゥーバック)”の
ストリート部門で2年連続優勝を果たす。
1989年[DOGTOWN SKATEBOARDS(ドッグタウン スケートボード)]をやめ、[SANTACRUZ(サンタクルーズ)]に加入。
同年、サンタクルーズの名作ビデオ
“SPEED FREAKS(スピードフリークス)”に出演。
1993年[SANTACRUZ(サンタクルーズ)]を離れる。
その後、
[151 SKATEBOARDS(151 スケートボード)]→
[DOGTOWN SKATES(ドッグタウンスケーツ)]→
[OLDSTAR SKATESHOP(オールドスタースケートショップ)]→
[DEATHBOX(デスボックス)]→
[SANATCRUZ(サンタクルーズ)]など
あちらこちらを転々として過ごす。
1999年頃タトゥーショップで働くようになる。
現在は、ロサンゼルスにある
[WILL RISE TATOO STUDIO(ウィルライズタトゥースタジオ)]で、
タトゥーアーティストとして活躍する一方、
[SANATCRUZ(サンタクルーズ)]のライダーとして、現役で滑り続けています。

ERIC DRESSEN  TATTOO  jAPAN TOUR  2014
ERIC DRESSEN  TATTOO  jAPAN TOUR  2014

そして今年も問い合わせ頂いてたDxAxMのWINDBREAKERが入荷しました!!

DxAxM  ウインドブレーカー コーチジャケット drugandmusic

次回の入荷は来年になると思いますので今のうちにゲットしといて下さい(*゚ー゚)v
DxAxM OUTER PAGE